CFDを取引してみよう!!

CFD

私はトレード(投機)としてFXを少額で取引していますが、専業主婦(一応個人事業主?ですが、、)になったので新しいことにもチャレンジしてみたいなということで、CFDの取引をはじめました。

私の勝手な所感ではFXよりCFDの方が、動きが分かりやすくテクニカルが効きやすい印象です。私のCFD経験はまだまだ浅いので私が取引を開始した2019年4月以降、比較的そのような傾向にあるだけかもしれませんが。私の場合、FXより株の方が動きが読みやすいです。もし株取引を既に行っていて日々日経平均をチェックしている人は、FXよりCFDで株価指数の取引をした方が勝ちやすいのではないかと思います。

ここではCFDがどんな取引なのかまとめてみました。

CFDとは

CFD(Contract For Difference)は日本語では差金決済取引のことをさします。

差金決済とは

差金決済とは、例えば現物株取引の場合、株券そのものをやり取りするため、それ自体を購入するための資金が必要です。しかし差金決済の場合は、取引時の差額(損益)部分のみ決済の対象となります。これにより、少ない資金で取引を行うことができます。

買いでも売りでも取引できる

また現物の株取引では買いでしかポジションを持てませんが、CFDでは売りでもポジションを持てます。たとえば日経平均を毎日見ていると、今日は1日下落傾向だな~株ボードも真っ青だな~という日がよくあります。こんな日は日経225を売りたいです。CFDでは売りポジションでも取引が可能なため、チャンスを逃すことなく取引をすることができます。

また、自分の持っている米国株がなんらかの要因で大きく下がりそうだというニュースが出た場合、現物株を手放したくはないけど、値下がり分の評価損を一部補填できないかなと考えることあります。CFDは売りから取引できるので、明らかにマイナスなニュースが出た場合、現物株はそのままにCFDで売りで取引することで評価損失の一部を補填できます。

日本の夜間・祝日も取引ができる

株式投資をしない人はあまりピンとこないかもしれませんが、日本の現物株は15:00までしか取引できません。また日本が祝日の場合、日本の株式市場は休場となりますので、祝日も取引はできません。しかし海外の市場は動いています。海外でも日経225の取引が行われていますので、日本が祝日であっても海外のニュース等で相場が大きく動くことがあります。

そんな場合、CFDは日本が祝日でも取引できますので、相場の急変に柔軟に対応することができます。実際に売りで入る場合は、タイミングが難しいのも事実ですが、急落した場合の保険としては使えると考えています。

まとめ

私のCFDのトレードスタイルは、スイング寄りのデイトレードです。株価指数とかでまだ伸びそうなものは、ポジションを持ち越すこともあります。株価や商品では1日毎にトレンドが変わるものも多いので、毎日ニュースをチェックしつつポジションを作成しています。

チャンスがあれば、1日に1,2回トレードすることもありますし、チャンスがない日はトレードしないこともあります。

私は、家事や子どもの世話、その他に別の仕事もまたにしていますので、画面に張り付いてトレードしているわけではありません。私の場合、小さなポジションで気長にゆったりした気持ちでトレードしたほうが、利益につながりやすいです。1ポジション1,000円くらいを目処にトレード中です。一攫千金を狙っている訳ではありませんし、地理も積もれば山となるです。

私は子どもと一緒に21時~22時頃には寝てしまいますので、夜間はほとんどトレードしていませんが、会社員の方は帰ってきてからトレードをする人も多いと思います。CFDは夜間も株価指数や各種商品のトレードができるのでチャンスは多いのではないかと思います。

トレードをするからには、分析も必要なので、仕事の合間に片手間で行うのはおすすめできません。しっかりニュースやチャートをみて分析してから取引するようにしましょう。

CFDも投資(投機)です。元本を保証してくれるものではありません。なにかのニュースがきっかけで大きく動くことも多いので、損切り(逆指値)を設定したりポジションサイズを調整して、リスクを抑えつつ取引しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました