スイングトレードに向いているFX業者

FX

まずはじめに、これはFXの記事ですが、FXは値動きも激しく相場が急変することも多いです。それ相応の勉強と情報収集も必要で、とても難しいです。またFXは投資というよりは、投機です。そのため、これから投資をはじめようと考えている投資初心者の方はFXではなく投資信託やETFの運用を検討してみることをおすすめします。

という前提がありますが、わたしは株式投資や投資信託の他にFXを5年ほど続けています。ただ、ハイレバレッジで一攫千金を狙うようなものではなく、少額で低レバレッジのスイングトレード(数日~数週間での取引)を主としています。1回で大きく利益が出るわけではありませんが、波に乗れた時は大きく取れますし、コツコツ利益を積み上げて行くことができます。

そんな私ですが、ここ数年少額で低レバレッジのスイングトレードを行うのに向いているFX業者を探していました。ここでは、様々な国内のFX業者を使ってみた結果スイングトレードに向いていると感じたFX業者について記載しています。国内のFX業者でスイングトレードに向いている業者を探している人は、参考までにお読みください。

スイングトレードに向いているFX業者の特徴

わたしが考える少額で、低レバレッジのスイングトレードに向いているFX業者の条件は以下のとおりです。

  1. スプレッドが早朝でも大きく広がりにくい
  2. 小さい通貨単位で取引できる

以降で一つずつ説明します。

1つ目の「スプレッドが早朝でも広がりにくい」ですが、国内のFX業者はスプレッド競争が起きています。これにより、ドル円のスプレッドが0.2銭や0.1銭という業者も出てきました。確かにスキャルピングをする人にとっては、スプレッドが狭いことは重要です。しかし、私のようなスイングトレードを行っている人にとっては、1回の取引で数十pipsを取りに行くため、広いよりは狭いほうがよいですが、それほどスプレッドの狭さは重要ではありません。それよりも1日通してスプレッドが広がりにくいことのほうが重要です。というのも以下の理由があります。

  • 早朝にスプレッドが広がることで、意図しないところで決済されてしまう

スイングトレードでは、利が乗ったら、それをできるだけ大きく伸ばしていきたいです。ただ、比較的長くポジションを持つので、その間に相場が急変して利益が消し飛んでしまうこともよくあります。それを防ぐため、利がある程度乗ったら、建値上にストップを移動します。こうすることで、利が乗った後に逆流して一転損失となってしまうことを防ぐのです。

しかし、早朝にスプレッドが大きく広がると利益を伸ばそうと思って建値上(売りの場合は下)に移動したストップに掛かり、決済されてしまうということがよくあります。特に早朝にスプレッドが大きく広がる業者では、現在価格から十分に遠い位置にストップを置いたと思っていても、スプレッドが早朝に大きく広がり予期せず決済が行われてしまうということが、よくありました。これは非常にもったいないと感じます。スプレッドは自分でコントロールできません。自分の意図しないところでの決済は一番避けたいです。そのため、この点は非常に重要だと考えています。

次に2つ目の「小さい通貨単位で取引できる」です。スイングトレードでは、比較的大きなpipsを狙っていきます。この際、相場が急変することもあるため、利が乗ったタイミングで節目節目で分割して決済を行います。そのため、1ポジションだけだと分割して決済することが難しいです。特に少額で低レバレッジの取引をする場合、ポジション数も限られてきますので、できるだけ小さい単位で取引可能なFX業者が望ましいです。

スイングトレード向きのFX業者

では実際にスイングトレードに向いているとわたしが思うFX業者についてです。

SBI FXトレード 1通貨から取引可能なFX業者です。早朝も他のFX業者に比べスプレッドが広がり難いです。難点を挙げるとすると、スマホやダウンロードのクライアントツールがやや使い難いかなという印象です(WEBクライアントがおすすめ。やや重いかもしれませんが)。とはいえ、スイングトレードでは頻繁に取引を行うわけではないので、それほど不便には感じていません。しかし、チャート分析には他のFX業者のチャートを使用するのがおすすめです。
OANDA Japan 国内のFX業者の中でも昔からMT4が使えることで有名なFX業者の一つです。MT4では最小で1000通貨単位の取引となりますが、fxTradeというツールからであれば1通貨から取引可能です。全体的にスプレッドは他社に比べると広めですが、平均して早朝でもあまりスプレッドが広がらないFX業者だと思います。

なお、Oanda Japanで使用できるMT4のチャートは、とても分析に使用しやすいです。取引可能な通貨ペアも多いため、いろいろなチャートをみて勉強ができます。デモ口座の開設も可能ですので、まずは勉強したいという方におすすめなFX業者ではないでしょうか。

私は現在、スイングトレード用のチャート分析はMT4で、取引はSBI FXトレードで行っています。Oanda Japanでは他にAPIを使用した自動売買の取引も行っています。

FX業者も様々な特徴があります。キャンペーン等もたくさん行われていますので、そのキャンペーンに乗って口座を開設してみてもよいと思いますが、FXは非常に難しいです。キャンペーン分の金額なんてあっという間に飛んでいきます。相場の急変もよく起こります。ほとんどの人が1年以内に退場していきます。

初心者の方は、余裕資金で少額、低レバレッジでの取引を心がけてください。まずはデモ口座での取引からはじめてみてはいかがでしょうか。参考までに。

OANDA Japan

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました