Python+APIで自動売買プログラムを作ってみよう!!

FX
スポンサーリンク

我が家では、Oanda JapanのRESTAPI(V20)を利用して作成した自動売買プログラムを動かしています。現在JAVAで作成したものを稼働しているのですが、今回勉強も兼ねてPythonに書き換えてみたいと思います。

ここではまず、Pythonでプログラムを行う上での基本的なツールのインストールについて紹介します。

開発環境

私は、以下の環境でPythonのプログラムを作成しました。

  • Windows 10 Home (64bit)
  • VSCode
  • Python 3.7.3

Pythonの開発用エディタはいろいろありますが、今回はマイクロソフトのVSCodeを使用してみました。C#やVC++とかでVisual Stadioをよく使う人は、これが一番使いやすいのではないかと思います。デバッグ等の操作性(ショートカット)も同じです。

反対にjava専門でeclipseに慣れている人には、ちょっと使い難いかもしれませんね。ただ、業務で使用されているのは最近このVSCodeが多いみたい?です。プロジェクトによると思いますが、参考までに。

Pythonのインストール

Pythonを以下のサイトからダウンロードし、パスを通します。2019年5月現在の最新バージョンは、3.7.3です。基本的にウィザート形式なので、そのまま次へで大丈夫です。

最後にパスを登録するかのチェックがありますので、チェックしインストールを行ってください。

Download Python
The official home of the Python Programming Language

VSCodeのインストール

インストールモジュールのダウンロード

以下のサイトからインストールexeをダウンロードします。

Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure
ほぼすべての言語に対応し、任意の OS で動作する強力なコード エディター、Visual Studio Code を使用して、Azure で編集、デバッグ、デプロイを行います。

「今すぐ無料でダウンロードする」をクリックします。

今回はWindowsの64bit OSで開発しますので、Windowsの「User Installer 64bit」をダウンロードしました。linuxやMacで開発する場合は、それにあったインストーラをダウンロードしてください。

VSCodeのインストール

上記のサイトからダウンロードした「VSCodeUserSetup-x64-1.33.1.exe」をインストールウィザートに従ってインストールします。

VSCodeに拡張機能をインストール

次にVSCodeに各種拡張機能をインストールします。今回私がインストールしたのは、以下の機能です。

  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code
  • Python

Language Packは、英語が得意な方は不要です。Pythonは必ず必要なので、追加してください。また、Pythonを動作させる仮定で、エラーメッセージが表示された場合、それらのツールもインストールする必要があります。

  • pyrint
  • requests(pipコマンドでインストールしました。)

pipコマンドは、Phtyonのパッケージ管理用のコマンドです。使い方は、google先生に聞いてみてください。コンソールで叩けば、いろいろインストールできます。

Hello World!!を表示してみよう!

それでは、基本のきです。Hello Worldを表示してみましょう!!

ファイルを新規作成します。ファイル名は何でもOK。拡張子は「.py」としてください。作成したファイルに以下を記述します。

print(‘Hello world!’)

それでは、実行してみましょう。作成したファイルにカーソルが存在する状態でF5。(もしくはメニューの「デバッグ」→「デバッグの開始」)

ターミナルウィンドウに「Hello world!」と表示されれば、Pythonは正常に動作しています。

OANDA REST V20 API Wrapperのインストール

最後にOanda JapanのRestAPIを動かすためのライブラリが必要なのですが、Oanda JapanのRestAPIを簡単に使用できるWrapperがあるので、そちらをインストールします。

ターミナルウィンドウで以下を入力し、インストールしてください。これでOanda JapanのRestAPI(V20)が使用できるようになっています。

pip install oandapyV20

参考URL

The oandapyV20 REST-V20 API wrapper documentation — OANDA REST V20 API Wrapper 0.6.3 documentation

ひとまず、今回は各種インストールまでのご紹介でした。次は実際にOANDA JapanのAPIの動かし方を順に説明していきます。

まだ口座を開設していない方は、まずはデモ口座を作成してみてください。

OANDA Japan

Oanda JapanのRestAPI(V20)の使い方については、以下の記事で紹介しています。

Python+Oanda RestAPIで自動売買プログラムの作成
実際にPythonでのRestAPIを呼び出してみます。Oanda JapanのRestAPIのラッパーがインストールされていることが前提です。まだの方は、以下の記事を参考にpipコマンドでインストールを行ってください。 前提...

コメント

タイトルとURLをコピーしました