FXでスワップ投資をする場合のリスクは?

資産を増やそう FX

FXをスワップポイント目的で運用する場合のリスクについて説明します。

スワップポイント目的でのFXは、誰でもすぐ行えて利益も簡単に上がりやすいので、投資初心者でも始めやすい投資の一つです。しかし、そのリスクをあまり理解されていない方が多いように思います。私が書いた他の記事でも、たびたび紹介していますが、今回はスワップポイント目的でFXを行う場合のリスクについて、的を絞って紹介しています。

なお、スワップポイント目的でFXを行うことが悪いと言っているわけでは決してありません。現に私も現在メキシコペソ/円をスワップポイント目的で運用中です。簡単に行えるスワップ投資だからこそ、そのリスクもよく理解して事前にもしものときの対策を自分なりに立てておいてほしい!!ってことです。

それでは、よろしくお願いします。

そもそも投資とはどういうものか?

スワップの話の前に少し投資について。そもそも投資とは、資金を効率よく循環させ、勝ったり負けたりしながらトータルでプラスにもっていくものだと私は考えています。

なんかFXって、レバレッジも大きく掛けられるし、1回で大儲けできるようなイメージを持っている方も多いような。。。昔そんな話題がよく紹介されたからでしょうか。

でも、実際に数回取引しただけで、数千万単位の利益を出した人なんて、単なるギャンブラーです。それか、たまたま大きな波に乗れちゃった人。こういう人は極稀にいますが、すべての人がそうではありません。

本業があり、資産家で投資で失敗しても痛くも痒くもない!!って人は別でしょうけど、一般の人がその1回に掛けるのは、どうかと思います。

FXだって、立派な投資ツールです。しっかり勉強しコツコツ実践することで、確実に収益を積み上げることができます。

本当に稼いでるトレーダーさん達は、何回も取引を行って、少しずつ利益を積み重ねています。

たとえば、FXでよく使われるEA(自動売買のプログラムです)を例にみてみます。(自動売買を行ったことがない人は分かりにくいかもしれませんが)以下のプログラムのどちらがたくさん利益を得られるでしょうか?

  1. 取引回数が少ない(数日から数週間おきに取引)が勝率が95%のEA
  2. 取引回数が多く(日に数10回取引)勝率が60%のEA

勝率95%なら1のほうがいいのでは?と思われる人もいるかもしれません。でも実際は、2のEAのほうが、収益率がいいです。負け率が、勝ち率を上回らなければ、利益が出続けます。

取引をしないで、ずっと持ち続けるっていうのは、なにもしていないことと同じで資金を停滞させていることになります。人の生活でも一緒ですね。給料をもらって、使って、使ったお金がまた給料になる。貯蓄も大切なんですが、運用しないことには増えないし、回らないってよく聞く言葉ではないでしょうか。

でも、このとき注意したいのが、自分に見合わない消費(負け)をしては、その後の生活が成り立たなくなるということです。FXの自動売買プログラムでもそうですが、1回で資金が0円となってしまっては、その後の取引を続けていくことができません。

自分に見合った消費を考えつつ、効率よく資産を運用し、少しずつ利益を積み上げる!!っていうのが、理想的な資産運用だと思っています。

スワップポイント投資の問題点

では本題のスワップポイント投資の問題点です。

スワップポイントは取引する通貨ペアの政策金利の差額分を毎日受け取れるという仕組みです。スワップポイントは、毎日十数円のところが多いです。そのため、1ヶ月にそれ相応のスワップポイントを得たいと考えた場合、ある程度大きな資金をFX業者に預け入れて、取引を行う必要があります。

ここで1つ目の問題点です。

スワップポイントで利益を得るには、大きな資金が必要=その間は他の投資にその資金を回せない!!

上でも説明しましたが、投資とは資金を循環させて利益を積み上げていくことだと、私は考えています。スワップ投資を行う場合は、大きな資金をしばらくは他の投資に回せないというリスクがあります。

また、次に紹介するのが2つ目の問題点です。

新興国通貨は大概下落する!!

よくスワップポイント投資を紹介するときの説明で抜けているのが、通貨は下落することがあるってことだと思います。通貨価値は一定ではないとか書かれているかもしれませんが、初心者はスルーでしょうね。

現在は安定しているし、毎月定期的に不労収入を得られるかもしれませんが、通貨は下落することがあります。特に高金利通貨とよばれている通貨は、新興国の通貨のため、国の政策や世界経済の景況感に大きく左右され、大きく下落する可能性があるっていうことです。

言葉で聞いても今は安定しているんでしょ?大丈夫!!って思うかもしれません。しかし、以下の例をみてください。

例)

<投資開始時>

  • 1ドル50円で10万通貨を購入
  • 投資資金:40万

このときの総取引額は500万円ですが、FXはレバレッジが効くので、最低20万程度の資金があれば取引できます。

<数年後>

相場が急変し、為替レートが1ドル50円から40円まで下落したとします。このときの差額は-10円です。

では、損失額はいくらになるでしょうか?

10万通貨購入していて10円値下がりしたので、100万円の損失額となります。1万通貨が1円値下がりすると損失額は1万円です。)

ただし、この例の場合投資資金は40万円のため、100万円の損失が出る前に業者にロスカットされてしまいます。場合によっては、追証が発生し投資資金の40万円を失うばかりか、それ以上の借金を抱えてしまう可能性もありますね。

これが、スワップポイント投資を行う上での大きなリスクです。現に昔から高金利通貨として有名で人気も高かったトルコリラは、2019年3月時点で乱高下を繰り返し、大きな損失を抱えている人も多いのではないでしょうか。

価格が全く変わらずにスワップポイントだけを貰えるなら、なんのリスクもないし銀行の利息と同じで、置いておくだけでお金が増えるとってもおいしい投資商品です。しかし、そんな都合よくは行かないのがこのスワップ投資です。

通貨価値は変動します。値上がりが期待できればいいですが、新興国という発展途上の国ではインフレが発生しやすいので、お金の価値は次第に切り下がっていきがちです。また政治不安等で乱高下しやすいというリスクがあります。そのため、必ずしも値上がりが期待できるわけではありません。

大きな値下がりの可能性があるものを長期間持ち続ける=リスクが拡大する。

スワップポイント投資を行う上で忘れてはならない大きなリスクは、これだと私は考えています。

まとめ

一般的にスワップポイント投資を行う際のデメリットとして紹介されているのは、政策金利が変動することですが、こちらは多少下がったとしてもその時点でメリットがないなと思えば、資金を引き上げればよいのですが、しかしおそらく、

「政策金利が低下する → みんな一斉に資金を引き上げる → 通貨価値が下落する → 損失拡大!!」

のスパイラルが発生するでしょう。

そのため、自分が購入している通貨の政治的な情報を常にアンテナを張っておき、少しでも不穏なニュースがあったら、一時的に資金を引き上げる!!多少の損失があっても逃げるが勝ち!!だと私は考えています。

しかし、そんなに上手くいかないのが投資です。また上がるかもと思ってどんどん損失は膨らむでしょう。

もし逃げ遅れた場合、じっと価格が持ち直すのを待つか、大きな損失を承知でロスカットするか。。。

前者の場合は、スワップ投資にまわしていた資金は株でいういわゆる塩漬けですね。他の利益がでる投資にまわすことができないのですから、大きな損失です。後者は、もうその投資資金はなかったものとして考えるしかないですね。

いずれにしろ、スワップポイント投資には大きなリスクが伴います。誰にでも比較的簡単にはじめられて、チャートが読めなくてもなんとかなるスワップポイント投資ですが、大きなリスクもあります。

これから、FXでスワップポイント投資をやってみようかな~と考えている方は、チャート上の値動きだけでなく、必ず購入した通貨の政治的状況やニュースについても気にするようにしましょう。

そして、ちょっとでも怪しい状況であれば、資金を引き上げる等の対策を打てるようにしておきましょう!!私も現在メキシコペソ/円でスワップポイント投資を行っていますので、常にアンテナは張っておきたいと思います。

今回は、なんかいいことばかりのようなFXのスワップポイント投資ですが、リスクもあるんだよ!!っていうお話でした。

リスクを把握しつつ、投資にチャレンジ!!がんばりましょう。

 

スワップ投資を行う場合は、自分の資金のロスカットレードの計算をすることも忘れないでくださいね。

把握していますか?ロスカットレート。
この記事ではポジションのロスカットレートの計算方法について、詳しく説明しています。 なんとなくこのくらいの資金で運用すれば安全!!って人が多いような気がするので、一度自分のポジションのロスカットレートを計算してみてはいかがでしょうか?...

コメント

タイトルとURLをコピーしました