PERってどうみればいい?

株式投資

株式投資メモです。今回はPER[Price Earnings Ratio](株価収益率)についてです。

割安な株を買うなら、このPERをみた方がいいってよく聞きますよね。これだけで判断できるわけではないですが、知っておいたらよいということでまとめてみました。株式投資備忘用です。

PERとは

英語でいうと「Price Earnings Ratio」といって、Earningsは収益という意味ですので、要は株価が、1株あたりの利益の何倍であったかを表す値です。

まず、PERをみる上で、EPS(1株あたりの利益)を理解しておかなければなりません。

EPS = 当期純利益 ÷ 発行済株式総数

当期純利益は、売上から原価等を引いた純粋な利益になります。その値を発行済株式の数で割った値が、1株あたりの利益(EPS)となります。この値が大きければ大きいほど、1株に対して大きな利益を上げていることになりますね。

投資するからには、1株あたりたくさん儲けている企業に投資したいものです。

それでは少し具体的に。同じ総合商社系の伊藤忠商事(8001) と任天堂(7974)のEPSをみてみます。

伊藤忠商事(8001)

伊藤忠のEPS_PER

任天堂(7974)

※上に情報は、楽天証券様よりお借りしました。どの証券会社でも似たような情報が見れます。

上の図では、伊藤忠商事のEPSは339.21円、任天堂は1958.05円ですね。どちらも有名な大型株ですが、任天堂の1株あたりの利益は、とても大きいので、発行株式に対しどれだけ利益が出ているかが分かりますね。

次にPERです。以下の式で求められます。

PER(倍) = 株価 / EPS

現在の株価をEPSで割り、その株価が1株あたりの利益の何倍であるかを示した値です。一般的に低ければ割安株であると言われています。

しかし、低いってどのくらい?と思いませんか?

上の伊藤忠商事は6.17倍、任天堂は20.14倍です。20倍を超える任天堂は明らかに割高株です。しかし、チャートをみると2019年はほとんど右肩上がりですね。EPSも高いので成長株で、高くても買いたいという人が多い人気株ということでしょうね。

PERは人気株が多い業種では、高くても買いたい人が多いので自然と高く、不人気株の多い業種では低くなっています。JPX(日本取引所グループ)様にて各業種の平均をまとめた資料が公表されています。↓

参考)規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧

この一覧からみると、伊藤忠商事の属する卸売業のPERの平均は、8.9倍(201906末時点)のようです。伊藤忠商事は、ファミリーマートや石油等様々なものを扱う総合商社で、2019年7月現在、業績もまずますのようですね。PERが6.17倍で業種平均とくらべるとやや割安といえるでしょうか。

単純にPERが低ければ、割安とは判断できませんが、業種平均と比べたり、実際の企業の業績と比べたり、チャートをみて株を購入する判断には使えそうですね。

以上、PERについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました